債務整理 料金

債務整理 料金 | いくら位かかる?

債務整理する場合料金はいくらくらいかかるのでしょうか。
まず債務整理する場合は自分でやるか、専門家(弁護士や司法書士)に頼むかいずれかの方法になります。

 

<任意整理する>

 

*自分でする場合
弁護士に依頼するときにかかる着手金や報酬金が全くかかりませんので、自分でやればほとんどお金をかけずに任意整理できます。
任意整理に要する料金は債務者との交渉次第にもなります。
ただし、弁護士や司法書士を入れずに債権者、債務者同士で話し合っても和解するケースは少なく、なかなか合意しない場合がほとんど。
借金額が大きいほど、弁護士に依頼して任意整理する場合が多いようです。

 

*弁護士に依頼する場合
弁護士に任意整理を依頼する場合
かかる料金として着手金と報酬金がある。
報酬金には基本報酬金、減額報酬金、過払い金報酬の3つがある。
まず、着手金。着手金は弁護士に依頼すると、1件あたり2万円ほどかかると言われています。
次に報酬金について。
基本報酬は和解が成立したときや過払い金を得た時には解決した報酬金として2万円。
減額報酬として債権者が主張する残りの債務を減額した分に対しての10%分。
過払い金報酬として過払い金として得た金額の20%相当額。

 

 

<個人再生する>

 

*自分でする場合
個人再生を弁護士でもつけずに個人でやる場合。
その場合でも結局裁判所が再生委員をつけることになります。再生委員は裁判所が選んだ弁護士がやる。
再生委員は債務者の財産、収入、債権の調査などをする役目。
結局自分でやろうと思っても再生委員がつくので、この人にも料金を払わないといけない。大体20万円ほどと言われている。

 

*弁護士に依頼する場合
個人再生を弁護士に依頼する場合、着手金と報酬金がかかる。
着手金は30万円以内。報酬金20万円以内で収まるケースが多い

 

<完済後の過払い金請求をする>

 

*自分でする場合
自分でするならもちろん、着手金や成功報酬、過払い報酬がないですから、お金をほぼかけずにできる。
でもとにかく種類を揃えるや引き直し計算、最場所への提訴など面倒なことばかりなので、
着手金が無料の弁護士事務所もあるので弁護士に依頼するのがおすすめ。

 

 

*弁護士に依頼する場合
完済後の過払い金請求を弁護士に依頼する場合。
かかる料金は一般的に着手金、成功報酬、過払い報酬の3つ。
着手金は一件あたり2万円が相場。成功報酬は同じく、一件あたり2万円。過払い報酬は過払い金の回収額の
20%というところが多い。

 

 

 

<自己破産する>

 

*自分でする場合
自己破産手続開始の申し立てに必要な費用として収入印紙・予納金・予納郵便の三つが必要。合わせて2〜3万円ほどかかると言われています。
ただし地方裁判所によって予納金や予納郵便がいらないところもあるので、料金はもっと安くなる場合も。

 

*弁護士に依頼する場合
弁護士に依頼して自己破産する場合は着手金が必要。
着手金は大体20万円くらいと言われています。
またそれにプラスして免責が上手く決定した場合、報酬金もかかってくる。
報酬金は原則として、着手金と同額になるとのことです。

 

 

※債務整理の方法によって料金は異なるし、法律・法務事務所によって料金は異なるので注意してください。